会長挨拶

ようこそ関西吟詩ホームページへ

私は、平成29年6月3日の総会に於きまして、公益社団法人関西吟詩文化協会の第13代目会長を拝命いたしました
地藏哲皚と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、あなたは既に吟詠を学び、楽しんでおられる方でしょうか?
それとも「吟詠ってなあに?」「ちょっと興味があるな・・・」の人でしょうか?

吟詠は、一生楽しめ、生涯教育として最適です。
子供には、大志を抱かせ、礼儀を学ぶことが出来ます。

漢詩

・「春眠 暁を覚えず 處處 啼鳥を聞く・・・」
・「国破れて 山河有り 城 春にして 草木深し・・・」
・「鞭声粛粛 夜 河を渡る・・・」
・「南 鶴ヶ城を望めば 砲煙あがる・・・」

和歌

・「秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ 驚かれぬる」

俳句

・「菜の花や 月は東に 日は西に」

新体詩

・「山のあなたの 空遠く 幸い住むと人の言う・・・」

どこかでお聞きになったことはありませんか?

  • 私たちは、これらの中国や日本の偉人が残してくれた漢詩(名詩)や和歌・俳句・新体詩などを伝統的旋律にのせて、歌って楽しみ、知らず知らずの内に作者の心情に触れて文学や歴史を学びます。
  • 優れた名詩は、私たちに感動を与えてくれます。
  • 全国いたる所に、作品のふるさとが有りますのでその地域を訪ねることで旅行の楽しみが倍化します。
  • 私たちは、これらの中国や日本の偉人が残してくれた漢詩(名詩)や和歌・俳句・新体詩などを伝統的旋律にのせて、歌って楽しみ、知らず知らずの内に作者の心情に触れて文学や歴史を学びます。
  • 腹式呼吸で発声すれば、ストレスも解消され、健康にも良い効果があります。
  • 詩吟を始めるとカラオケなどの歌が上手になります。
  • 性別年齢を超えた沢山の友人ができます。

吟詠による効用は、数えればきりがありません。

  • 公益社団法人関西吟詩文化協会は、昭和9年に創立し、平成23年12月22日に内閣総理大臣より公益社団法人の認定を受け、(全国で4団体のみで東京以外では唯一の団体です)84年の伝統を有する文化団体です。
  • 2~3才から103歳の方まで、全国で約1.3万人会員を擁し、吟詠を通じて社会に奉仕する団体です。
  • 全国で約3,000の教場があり、初心者でもわかり易く指導する体制を整えております。

詩吟は誰にでも出来ます。
声は命のバロメーター
さあ! 私たちと一緒に詩を吟じてみませんか?
あなたの入会を心よりお待ちしております。

最後に、私たちの精神をご紹介します。

1.会 訓   創始者 宮崎 東明先生書
一生初心
2.巻頭言   初代会長 藤澤 黄坡先生遺文

之を知るものは之を好むものにしかず、之を好むものは之を楽しむものにしかずとは、孔聖の道を語りし所なり。吟詩も 亦然り。ただ其の詩を知り、其の詩を吟ずるのみなるは未だし、之を好むにいたりてよし。ただ之を好むも未だ可ならず、其の意を悟り其の義を楽しむにいたりて完きなり。
楽しめば則ち生ず、詩中の景、詩中の情、油然として其の心に生じ来りて、己れ遂に詩中の人となる、これを同化という。 吟詩の妙味ここにあり、修養の道も亦ここにあり。われ諸君とここに従事せん。