掲示板

投稿フォーム

  • お名前
  • 地区
  • 支部
  • Eメール
  • ホームページアドレス
  • 記事名
  • 本文

※お名前はハンドルネーム(ニックネーム)で結構です。

7734 テキスト新Aその3ページ18鑑賞

返信
  • 投稿者:
    20年たっても新人
  • 地区:
    和歌山県
  • 支部:

6行目生死と死別は同一とあります。巻末の一文に、より詳しくとありますが? お手数ですが詳しくご説明お願い致します。

投稿日時: 2018/12/05 18:16:04

No.7739 Re:テキスト新Aその3ページ18鑑賞

  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    教本作成部

「テキスト新Aその3」ページ18鑑賞6行目「生死と死別」は同一とあります。」は、「生別と死別」の誤りです。次回の増販時に訂正するようにいたします。
「巻末の一文に、より詳しく」と記載しているのは、旧教本の伝統を守るとともに、新教本では「漢詩鑑賞・詩の背景」の充実につとめ、より親しみ易く分かり易い教本作成をめざしたことを意味しています。(指導局:森口)

投稿日時: 2018/12/24 00:23:37

7741 七絶(己亥新年)

返信
  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    HP委員

明けましておめでとうございます。
昨年も多くの掲示板書き込みありがとうございました。
関西吟詩HP開設16年目を迎え、月間閲覧件数も7万件を越すようになりました。
本年も関西吟詩ホームページ「掲示板」への投稿を宜しくお願いします。
新年の詩は、老年になって、やっと進士に及第した詹義(せんぎ)の詩を参考にしました。
  
  己亥新年 森口雪孝 

己亥囘來心自湛    己亥 囘り來たりて 心自から 湛しみ
餘生氣力滿茅庵    餘生の 氣力 茅庵に 滿つ
身軀矍鑠齢人問    身軀 矍鑠 齢 人 問わば
五十年前二十三    五十年前 二十三

投稿日時: 2019/01/03 20:58:32

7727 強声と弱声

返信
  • 投稿者:
    鈴木芦泉
  • 地区:
    神奈川県
  • 支部:
    東京芦孝会

先日あるコンクールの審査委員長のご講評で、「強吟ではすべて強でなく、効果的な弱を入れる。弱吟はすべて弱声でなく、強声を入れることで、詩情も一層高まります」とのお言葉がありました。質問ですが、強声、弱声には何種類かがあるのでしょうか?音楽では、「FF,F、mF」や弱では「mP、P、PP」とそれぞれ三段階(合わせると普通の強さと合わせ全部で7種類)が普通ですが、詩吟での強弱は何段階あると考えればよいのでしょうか?強く吟ずるにしても、かなり強く出すところと、そこそこの強さで良いところもある気がします。何か(強さ弱さの区分についての)決まりはあるのでしょうか?

投稿日時: 2018/09/14 16:16:30

No.7735 Re:強声と弱声

  • 投稿者:
    鈴木芦泉
  • 地区:
    神奈川県
  • 支部:

ご指導お待ちしましたが、断念します。

投稿日時: 2018/12/16 20:28:47

No.7738 Re:強声と弱声

  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    指導局

「詩吟での強弱は何段階あるか、強さ弱さの区分についての決まりはあるのか」の質問に対して、明確に答えられる方は、3か月たっても誰も回答できなかったようです。指導局で論議はしても関西吟詩の統一見解としてまとめることはできません。仮に洋楽に合わせて七段階程度に定めたとしても、吟詠に適用できるとは思えません。
参考までに、戦前の関西吟詩のテキストでは、漢詩の内容によって、吟詠法として「勇吟法」「強吟法」「中吟法」「中弱吟法」「弱吟法」と5つに分類されており、それぞれの詩文の中で「強」と「弱」を使い分けて詠じていたようです。
声量・迫力・節調・間の取り方は個人の差があり、強弱の加減については十人十色です。同じ漢詩であっても一人ひとりが「強」と「弱」の使い分けが異なって当然と言えます。
詩吟において、洋楽のように「強」と「弱」の段階をつけることは、個性の表現を制限するようで、難しいと考えられます。素晴らしい吟詠を聴き、その詠法をまねて自分なりに強弱をつけることで、詩情表現を行なえば良いと思われます。(指導局:森口雪孝)

投稿日時: 2018/12/23 23:54:24

No.7740 Re:強声と弱声

  • 投稿者:
    鈴木芦泉
  • 地区:
    神奈川県
  • 支部:
    東京芦孝会

森口先生 ご指導ありがとうございます。詩の語句や詩文を正しく理解し、会が定めた吟譜に従い吟ずれば、「強弱」は勿論のこと「緩急」や「間」も自ずと現れてくるということですね。その意味では、こうした記号なり表示が無いのが正しいのであり、名吟家の吟にはそれが顕れている。これをまねぶ、盗むことが修練ということですね。大変参考になりました。

投稿日時: 2018/12/26 11:04:24

7733 低音吟を楽しむ会・15周年記念吟詠大会

返信
  • 投稿者:
    syoutarou
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    寛村会成育

公益社団法人関西吟詩文化協会
低音吟を楽しむ会
15周年記念吟詠大会

日時 平成30年11月18日(日)
場所 湊川神社 「神能殿」 「楠公会館」
主催 公益社団法人関西吟詩文化協会
低音吟を楽しむ会
後援 公益社団法人関西吟詩文化協会
総本部

HPの低音吟よりは入れます。

投稿日時: 2018/11/24 07:32:06

7731 中国語吟詠クラブ開催のご案内

返信
  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    中国語吟詠クラブ

        12月度「中国語吟詠クラブ」開催のご案内

                              平成30年11月吉日 
会員各位
                         関西吟詩 中国語吟詠クラブ
                          幹事代表 森口雪孝
  
12月4日、「中国語吟詠クラブ」を下記の通り開催致したしますのでご案内申し上げます。

             記

1.日 時 : 平成30年12月4日(火) 午後2時~4時半
2.場 所 : 大開会館 〔野田阪神駅(JR東西線えびえ)〕下車徒歩5分
3.名 称 : 中国語吟詠クラブ勉強会
4.内 容 : 春望(杜甫)の復習 他
5.会 費 : 500円
6.参加資格: 自由参加(関西吟詩会員以外の方の参加についても歓迎致します。)
7.その他 : 勉強会資料は当日配布しますので、筆記用具をお持ちください。

投稿日時: 2018/11/01 14:23:17