掲示板

投稿フォーム

  • お名前
  • 地区
  • 支部
  • Eメール
  • ホームページアドレス
  • 記事名
  • 本文

※お名前はハンドルネーム(ニックネーム)で結構です。

7742 1)新A3 3-86 転句 2)3-92 承句

返信
  • 投稿者:
    20年たっても新人
  • 地区:
    和歌山県
  • 支部:

1)タダの字は正しいでしょうか?                             2)最後アクセントと数字が合致していない正しいのは? 平板か?頭高?         よろしくご指導くださいませ。                

投稿日時: 2019/01/25 16:03:18

No.7744 Re: 1)新A3 3-86 転句 2)3-92 承句

  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    教本作成部

新A3-86「蘇台覧古(李白)」の転句、「唯今 惟 西江の月のみ有りて」の「タダ」は正しいのでしょうかとの質問ですが、漢詩でよく使われる「タダ」は「只」・「唯」・「惟」が同様に使用されています。
新A3-109「平泉懐古(大槻盤渓)」の転句「只今 唯 東山の月のみ有りて」は、李白の詩をそのまま借用し、懐古詩の形を踏襲した配字となっています。
二点目の、A3-92「易水送別」の承句「壮士髪冠を衝く」の「衝く」のアクセントは、「頭高」と「平板」の両方がありますが、関西吟詩では、アクセント表示表記(二三)の平板を採用しています。次回の増販時に、アクセント数字表記を「平板(二三)」に訂正します。先の回答を修正しました。(指導局教本作成部:森口)

投稿日時: 2019/01/31 13:10:41

No.7756 Re: 1)新A3 3-86 転句 2)B10-2 7行目

  • 投稿者:
    20年経っても新人
  • 地区:
    和歌山県
  • 支部:

1)について吟詩日本180号では只の字がつかわれていますが?             2)氣を頭高ー平板いずれか? 以前の掲示板の回答では平板となっていますが?        よろしくご指導ください

投稿日時: 2019/03/04 09:13:47

No.7758 Re: 1)新A3 3-86 転句 2)3-92 承句

  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    教本作成部

副読本B10-2 楠公詠史 七句目「氣を」のアクセント表示は、平成22年発行時は「頭高の七六」でしたが、平成25年改定時に「平板の三六」に変更されました。
このアクセント改定の徹底をはかるため、「吟詩日本」平成30年冬季号(通巻180号)に掲載しましたが、
(正)「頭高の七六」・(誤)「平板の三六」と誤って記載しました。
そのため、春季号(通巻181号)にて「お詫びと訂正」の枠囲みの中で、
(正)「平板の三六」・(誤)「頭高の七六」と記載した経緯があります。
結論は、平成25年改定時の「平板の三六」となります。

投稿日時: 2019/03/23 10:10:04

7757 「模範吟法」の掲載

返信
  • 投稿者:
    脇田 稔
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    船場吟詠会 中津教室

2月28日付 7755を拝見しました。指導局の決定で掲載しない・・とのこと、了解しました。

ただ、私の提案趣旨は、詩吟に関心のある方が参考にされると、更に詩吟への関心が深まるのではないか・・ということです。

掲載したから、会員の皆さんが①教室での先生の指導をおろそかにする②模範吟法に頼りすぎる とは思ってもいませんでした。
そして、模範吟法のカセットテープを販売しているとのことですが、教室指導を大切にするのであれば、テープを販売する目的は何でしょうか?
むしろ、模範吟法をしっかりマスターしてから、自分なりの個性または指導者の個性を発揮するのが順番のように思います。そういう意味では、模範吟法に頼って基本をマスターしようとする「熱意」のほうが大切だと思っています。

投稿日時: 2019/03/16 19:17:12

7748 吟詠コーナー

返信
  • 投稿者:
    脇田 稔
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    船場吟詠会 中津教室

吟詠コーナーが大変充実しています。会員の方のみならず、詩吟に関心のある方も見られ、関西吟詩のPRに多大な貢献をしているものと推察しています。
コーナーの更なる充実として、『「音階譜名表」および譜名別の模範吟法』の掲載の提案をさせていただきます。ご検討ください。

投稿日時: 2019/02/17 17:21:48

No.7751 Re:吟詠コーナー

  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    HP委員

『「音階譜名表」および譜名別の模範吟法』の掲載の提案について書き込みがあった旨、指導局に報告致します。(HP委員)

投稿日時: 2019/02/17 23:56:52

No.7755 Re:吟詠コーナー

  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    HP委員

「音階譜名表」および「譜名別の模範吟法」のHP掲載について提案いただきましたが、関西吟詩文化協会においては、吟法の許容範囲を認めており、各教室で指導にあたる講師の個性の尊重を大切にして、関西吟詩の流統の継承としております。
教室での先生の吟詠を素直に受け継ぐ生徒さんの吟詠を聴けば、この方の先生はあの方だなという事が解るものです。
教室での先生の指導をおろそかにしてHPの模範吟法を頼りにし過ぎると、個性の特徴が伝わらなくなります。
「音階譜名表」は、新教本の全てに掲載しており、「譜名別の模範吟法」については、カセットテープに収録して本部で販売していることから、関西吟詩としては、「音階譜名表」および「譜名別の模範吟法」のHP掲載については実施しない方針である旨、指導局から回答がありました。(HP委員:森口)

投稿日時: 2019/02/28 09:34:47

7750 新テキストでのアクセント表示について

返信
  • 投稿者:
    鈴木芦泉
  • 地区:
    神奈川県
  • 支部:
    東京芦孝会

従来の吟詠副読本では、アクセントが二通りもしくは3通りある場合、下欄にその表示がありましたが、新教本では、こうした別アクセントの表示がありません。一つのアクセントに統一されたのでしょうか?その場合、旧、つまり副読本でのアクセントにより吟ずるのは、ルール違反となるのでしょうか?(流派内での競吟等では、減点となる?)流派を超えたコンクールでは、こうした、2通り以上のアクセントが表示されており、選択は吟者側の任意となりますが、どのようの考えればよろしいのでしょうか?ま、個人的にはアクセントが二通り以上ありうるので、許容されて良いのでは?と思うのですが・・・。

投稿日時: 2019/02/17 20:00:28

No.7753 Re:新テキストでのアクセント表示について

  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    教本作成部

新教本の制作時に、アクセント表示が二通り以上あるものも、一つのアクセント表示に統一することにしました。関西吟詩の競吟大会等におけるアクセントについては、審査員は採点時に減点の対象としないこととしていますので、詩情表現が素晴らしければ加点の対象となっても減点されることは有りません。自信を持って詩情表現して下さい。(指導局 教本作成部:森口)

投稿日時: 2019/02/18 00:18:58

No.7754 Re:新テキストでのアクセント表示について

  • 投稿者:
    鈴木芦泉
  • 地区:
    神奈川県
  • 支部:
    東京芦孝会

森口先生 早速の御回答とご指導ありがとうございます。「安堵」の思いです。
「溜飲を下げる」というのは適切ではないのですが、なんとなく気になる表現です(喉仏を下げるのは発声に良い?〕良い吟を目指したいと思います。鈴木

投稿日時: 2019/02/19 08:53:00

7749 ホームページ漢詩・詩歌紹介の「並び替え」機能について

返信
  • 投稿者:
    鈴木芦泉
  • 地区:
    神奈川県
  • 支部:
    東京芦孝会

ホームページの「漢詩・詩歌紹介」のページの「並び替え」は現在、4項目での並び替えが表示されていますが、その中で「新教本番号順」は情報が入力されていないために使用できません。新教本の利用度が高まっており、検索する際にこの機能があると助かります。利用できるようにご調整をお願いします。それと、「作者50音順」で、第二次検索機能として「新教本番号順(もしくは教本番号順)を追加頂けますと、同じ作者の検索がテキスト順となるために使いやすくなります。これにつきましてもご検討をお願いいたします。

投稿日時: 2019/02/17 19:35:51

No.7752 Re:ホームページ漢詩・詩歌紹介の「並び替え」機能について

  • 投稿者:
    森口雪孝
  • 地区:
    大阪府
  • 支部:
    HP委員

教本の検索機能として「題名50音順」、「作者50音順」、「旧教本番号順」は現在利用できますが、「新教本番号順」については、現時点まだ利用が出来ません。新教本のA号200題については発行を完了しましたので、来年度に「A号の新教本番号順」を検索できるようHP委員会で検討することとします。(HP委員)


投稿日時: 2019/02/17 23:59:23