漢詩紹介

読み方

  • 春風<白居易>
  • 一枝先ず發く 苑中の梅
  • 櫻杏桃梨 次第に開く
  • 薺花楡莢 深村の裏
  • 亦道う春風 我が爲に來ると
  • しゅんぷう<はくきょい>
  • いっしまずひらく えんちゅうのうめ
  • おうきょうとうり しだいにひらく
  • せいかゆきょう しんそんのうち
  • またいうしゅんぷう わがためにきたると

字解

  • 桜桃(ゆすらうめ)バラ科
  • 薺 花
    なずな(春の七草の一つ)
  • 楡 莢
    にれの實のさや
  • 深 村
    山里
  • 言(い)うに同じ

意解

 春風は先ず宮中の庭園の梅の一枝を開花させ、ゆすらうめ・あんず・桃・梨としだいに開花させる。又、山深い里では「なずな」の花を咲かせ、「にれ」のさやにも吹きわたる。すると私は、春風が私のために来てくれたのだと言いうれしく思うのである。

備考

 この詩の構造は、平起こり七言絶句の形であって、上平声十灰(かい)韻の梅・開・來の字が使われている。転句と結句の平仄が逆になった拗体である。

結句 転句 承句 起句

作者略伝

白居易 772-846

 中唐の大詩人。名は居易(きょい)、字は樂天(らくてん)、号は香山居士(こうざんこじ)、陝西省謂南(せんせいしょういなん)の人、太原(たいげん)の人(山西省)ともいう。家は代々官吏、早くから詩を作り、16歳「春草の詩」、17歳「王昭君」の作あり。貞元(ていげん)16年(800)進士、元しん(げんしん)と親交あり、江西省九江の司馬に左遷された事もあるが、ほぼ中央の官にあり、刑部尚書(ぎょうぶしょしょ)にて没す。年75歳。「長恨歌(ちょうごんか)」、「琵琶行(びわこう)」の大作あり。「白氏長慶集(はくしちょうけいしゅう)」、「白氏文集(はくしもんじゅう)」等我が国にも伝わり、平安文学に感化影響を与えた。