漢詩紹介

CD②収録 吟者:小坂永舟
2015年 4月掲載

読み方

  • 絶句(二)<杜甫>
  • 江碧にして 鳥逾白く
  • 山靑くして 花然えんと欲す
  • 今春 看又過ぐ
  • 何れの日か 是歸年ならん
  • ぜっく(二)<とほ>
  • こうみどりにして とりいよいよしろく
  • やまあおくして はなもえんとほっす
  • こんしゅん みすみすまたすぐ
  • いずれのひか これきねんならん

字解

  • 成都の町を流れる錦江
  • 碧玉(エメラルド)の色 ふかみどり
  • ますます
  • 若草や若葉の緑色
  • 燃に同じ
  • 見ているまに 時間や状態のすみやかに経過するのを形容する言葉
  • 歸 年
    家に帰る時期

意解

 錦江の水は深緑に澄みわたり、その上に浮かぶ鳥はひときわ白い。山の木は緑に映え花は燃えんばかりに真っ赤である。
 今年の春もみるみるうちに過ぎていこうとしている。いったい、いつになったら故郷に帰れるときがやってくるのであろうか。

備考

 広徳2年(764)、杜甫53歳の作。二首連作の第二首である。第一句と第二句は対句になっている。
 この詩の構造は仄起こり五言絶句の形であって、下平声一先(せん)韻の然、年の字が使われている。

結句 転句 承句 起句

作者略伝

杜 甫 712-770

 盛唐の詩人で李白と並び称せられ、中国詩史の上での偉大な詩人である。字は子美(しび)。少陵(しょうりょう)または杜陵と号す。洛陽に近い鞏県(きょうけん)の生まれ、7歳より詩を作る。各地を放浪し生活は窮乏を極め、安禄山の乱に賊軍に捕らわれる。律詩に巧みで名作が多い。湖南省潭州(たんしゅう)から岳州に向かう船の中で没す。年59。李白の詩仙に対して、杜甫は詩聖と呼ばれる。