漢詩紹介

読み方

  • 獨り敬亭山に坐す<李白>
  • 衆鳥 高く飛んで盡き
  • 孤雲 獨り去って閑なり
  • 相看て 兩ながら厭わざるは
  • 只 敬亭山有るのみ
  • ひとりけいていざんにざす<りはく>
  • しゅうちょう たかくとんでつき
  • こうん ひとりさってかんなり
  • あいみて ふたつながらいとわざるは
  • ただ けいていざんあるのみ

字解

  • 敬亭山
    安徽省宣城県の北にある山の名 町のすぐ郊外にあり東は宛渓(えんけい)に臨み南は城内を見下ろす景勝の地 斉(せい=南朝 六朝)の謝=月へんに兆=(しゃちょう)が宣城の太守(たいしゅ)だった時しばしば訪れたという
  • 衆 鳥
    多くの鳥
  • 兩不厭
    「兩」は李白と敬亭山 ともにあきることなく

意解

 たくさんの鳥も空高く飛んでいなくなってしまい、ひとひらの雲も流れ去って後はひっそりと閑(しず)かになった。
 お互いが見つめあい、ともに見あきることが無いのは、ただ悠然とした敬亭山だけだ。

備考

 この詩の構造は、仄起こり五言絶句の形であって、上平声十五刪(さん)韻の閑、山の字が使われ、第一句と第二句は対句になっており、第三句は下三連になっている。

結句 転句 承句 起句

作者略伝

李 白 701-762

 盛唐の詩人。杜甫(とほ)と並び称される。蜀(しょく)の錦州彰明県(きんしゅうしょうめいけん)青蓮郷(せいれんきょう)の人で青蓮居士(せいれんこじ)と号した。幼にして俊才、剣術を習い任侠の徒と交わる。長じて中国各地を遍歴し、42歳より44歳まで玄宗(げんそう)皇帝の側近にあり、のち再び各地を転々とし多くの詩をのこす。安禄山(あんろくざん)の乱に遭遇して、罪を得たがのち赦される。病のため没す。年62。