漢詩紹介

読み方

  • 勅勒の歌<無名氏>
  • 勅勒の川 陰山の下
  • 天は穹廬に似て 四野を籠蓋す
  • 天は蒼蒼 野は茫茫
  • 風吹き草低れて 牛羊見わる
  • ちょくろくのうた<むめいし>
  • ちょくろくのかわ いんざんのもと
  • てんはきゅうろににて しやをろうがいす
  • てんはそうそう のはぼうぼう
  • かぜふきくさたれて ぎゅうようあらわる

字解

  • 敕勒歌
    今の甘粛省から内蒙古一帯に住んでいた敕勒族の民謡
  • 敕勒川
    敕勒族が遊牧する草原 「川」は山と山の間の平地
  • 陰 山
    陰山山脈
  • 穹 廬
    遊牧民が持ち歩いた天井の丸い移動用テント パオ
  • 籠 蓋
    おおいかぶさる 「籠」はこめる 「蓋」はおおう

意解

 敕勒の草原は陰山山脈の麓に横たわり、大空はパオのように四方の平野におおいかぶさっている。
 空はどこまでも青く、野原は果てしなく広がり、風が吹いて草が低くなびくと、平原のあちこちには放牧された牛や羊の姿があらわれる。

備考

 この詩は敕勒地方で歌われていた民謡であると言われるが、一説に北斉の斛律金(こくりつきん)の作ともいわれるが不明である。
 詩の構造は古詩であって韻は上声二十一馬(ば)韻の下、野、下平声七陽(よう)韻の蒼、茫、羊の字が使われている。

参考

 この詩はもと下記のように三字、四字、七字といろいろの字数の句がまざっているが、七言古詩に分類されるのが大勢である。
   敕勒川
   陰山下△
   天似穹廬
   籠蓋四野△
   天蒼蒼○
   野茫茫○
   風吹草低見牛羊○