漢詩紹介

CD②収録 吟者:辰巳快水
2015年3月掲載

読み方

  • 壇の浦を過ぐ<村上仏山>
  • 魚莊蟹舍 雨烟と爲る
  • 蓑笠獨り過ぐ 壇の浦の邊
  • 千載の帝魂 呼べども返らず
  • 春風腸は斷つ 御裳川
  • だんのうらをすぐ<むらかみぶつさん>
  • ぎょそうかいしゃ あめけむりとなる
  • さりゅうひとりすぐ だんのうらのほとり
  • せんざいのていこん よべどもかえらず
  • しゅんぷうはらわたはたつ みもすそがわ

字解

  • 魚莊蟹舍
    魚莊も蟹舍も漁家 漁師の家のこと
  • 蓑 笠
    みのと笠 雨雪を防ぐもの ここではそれをつけた人のこと
  • 帝 魂
    安徳天皇の御霊(みたま)
  • 御裳川
    伊勢の五十鈴川 安徳天皇御入水(じゅすい)の際に御歌に「今ぞ知る御裳川の流れには 波の底にも都ありとは」と詠まれている。今の壇浦に御裳川と称する小川があるが この詩にあてはめることは出来ない

意解

 壇の浦のほとり漁師の家が点々と折からの雨に烟って見える、自分は今、雨の中を蓑笠をつけてここを通って行く。
 源平合戦で平家が滅亡したのも此処で、時の安徳天皇も御年(おんとし)8歳で入水(じゅすい)され、早くも千年にもなろうか、いくらお呼びしても御魂はおかえりにならないのである。いとけない御身で「御裳川の流れには波の下にも都あり」と聞いて、この浦波を渡る春風に腸のちぎれる思いがする。

備考

 この詩の構造は、平起こり七言絶句の形であって、下平声一先(せん)韻の烟、邊、川の字が使われている。

結句 転句 承句 起句

作者略伝

村上仏山 1810-1879

 幕末、明治の漢詩人。名は剛(つよし)、字は大有、彦左ヱ門と称し晩年潜蔵と改める。遠祖は武田氏、豊前(ぶぜん 福岡県)に移住後、代々大庄屋。佛山は儒学で身をたてんと亀井昭陽に学び、のち京都に出でて名士と交わる。脚疾(きゃくしつ)を患い、郷に帰り塾を開く、教を乞うもの多く、身は郷里にあって名は天下にとどろいた。明治12年没す。年70。