漢詩紹介

読み方

  • 冬夜書を讀む<菅山茶>
  • 雪は山堂を擁して 樹影深し
  • 檐鈴動かず 夜沈沈
  • 閑かに亂帙を收めて 疑義を思う
  • 一穗の青燈 萬古の心
  • とうやしょをよむ<かんさざん>
  • ゆきはさんどうをようして じゅえいふかし
  • えんれいうごかず よるちんちん
  • しずかにらんちつをおさめて ぎぎをおもう
  • いっすいのせいとう ばんこのこころ

字解

  • 山 堂
    山の中の住まい
  • とりかこんで 埋めて
  • 樹影深
    木々の姿が一層深く感じられる
  • 檐 鈴
    軒につるした風鈴
  • 沈 沈
    夜の更けゆくさま 静かなさま
  • 亂 帙
    取り散らかした書物 帙は書物を包む覆い袋
  • 疑 義
    うたがわしい意味
  • 一 穗
    一つのともし火(形が稲穂の先に似ているのでいう)

意解

 雪が山中の家をうずめ、樹木も雪に深く掩われている。風もやみ軒の風鈴も動かず、夜は沈々とふけてゆく。
 静かにとり散らかした書物を整理しながら、疑問の箇所を考えつづけていると、稲穂のような青白い灯火が、大昔の聖賢の心を照らし出してくれるように思われてくる。

備考

 この詩の構造は仄起こり七言絶句の形であって、下平声十二侵(しん)韻の深、沈、心の字が使われている。

結句 転句 承句 起句

作者略伝

菅茶山 1748-1827

 名は晉帥(しんすい)、字は礼卿(れいけい)、通称を太仲(たいちゅう)と称し茶山(さざん ちゃざんともいう)は号。寛延(かんえい)元年、備後神辺(びんごかんなべ 今の広島県深安(ふかやす)郡)に生まれる。京都に遊学し、のち故郷神辺に塾を開き廉塾(れんじゅく)といい、住居を黄葉夕陽村舎(こうようせきようそんしゃ)と名づける。詩名高く子弟多し。文政10年8月80歳にて没す。著書に「黄葉夕陽村舎詩前後編」その他多数ある。