漢詩紹介

読み方

  • 甲斐の客中<荻生徂来>
  • 甲陽の美酒 緑葡萄
  • 霜露三更 客袍を濕す
  • 須らく識るべし良宵 天下に少なるを
  • 芙蓉峰上 一輪高し
  • かいのかくちゅう<おぎゅうそらい>
  • こうようのびしゅ りょくぶどう
  • そうろさんこう かくほうをうるおす
  • すべからくしるべしりょうしょう てんかにまれなるを
  • ふようほうじょう いちりんたかし

字解

  • 甲 陽
    甲斐の国(山梨県)
  • 緑葡萄
    みどり色をした葡萄
  • 霜 露
    しもとつゆ
  • 三 更
    子(ね)の刻(こく) 午後11時~午前1時
  • 客 袍
    旅の装い(袍は綿いれ)
  • 良 宵
    よい夜 気持ちのよい晩
  • 芙 蓉
    富士山の雅称(ほめことば)

意解

 甲斐の国のおいしい酒は、この地方の名産の緑色の葡萄から造られている。この葡萄酒を味わっているうちに、時がたちいつの間にか夜の12時頃となり霜や露で旅衣(たびごろも)はすっかり湿ってしまった。
 こんなすばらしい夜はめったにないことだ。富士山の嶺を見上げると一輪の月が皎々と高く輝いている。(愉快この上もないことである)

備考

 この詩の構造は平起こり七言絶句の形であって、下平声四豪(ごう)韻の萄、袍、高の字が使われている。

結句 転句 承句 起句

作者略伝

荻生徂来 1666-1728

 江戸中期の儒学者。名は双松(なべまつ)、通称惣右衛門、字は茂卿(もけい しげのり)、号は徂徠。姓は物部(もののべ 先祖)、氏(うじ)は荻生(出所)。寛文(かんぶん)6年2月江戸で生まれた。(父、方庵は幕府の侍医(じい)であった)柳沢吉保に仕え、徳川綱吉に認められたが、綱吉死後1709年官を辞し、日本橋に住み学問に専心した。晩年吉宗の試問(しもん)にあずかった。太宰春臺、服部南郭等はその門弟である。享保(きょうほう)13年正月63歳で没した。「弁道(べんどう)」「けん園随筆(けんえんずいひつ)」「論語徴(ろんごちょう)」「訳文筌蹄(やくぶんせんてい)」「政談」「太平策(さく)」「南留別志(なるべし)」「弁名」等多くの著書を残している。