漢詩紹介

GD④収録 吟者:浅図鳳仙
2016年1月掲載

読み方

  • 爾霊山<乃木希典>
  • 爾霊山は嶮なれども 豈攀じ難からんや
  • 男子功名 克艱を期す
  • 鐵血山を覆うて 山形改まる
  • 萬人齊しく仰ぐ 爾霊山
  • にれいざん<のぎまれすけ>
  • にれいざんはけんなれども あによじがたからんや
  • だんしこうみょう こっかんをきす
  • てっけつやまをおおうて さんけいあらたまる
  • ばんじんひとしくあおぐ にれいざん

字解

  • 爾霊山
    旅順の二〇三高地のことで 乃木将軍によって爾霊山の名を得た
  • 克 艱
    艱難に打ちかつ
  • 鐵 血
    兵器と人の血

意解

 二〇三高地が如何に嶮(けわ)しくとも、攀じ登れぬ筈はない。男子たるもの功名を立てるためには如何なる困難にも打ち克つという覚悟が肝要である。
 その決意のもとに激戦、遂に武器と人の血で山全体を覆うて山の形さえ変わってしまった。この激戦によって遂に旅順も陥落するに至ったのである。この大功と共に多くの人命を失った。嗚呼(ああ)爾の霊の山である、と万人が斉しく仰ぎ英霊を慰めるであろう。

備考

 日露の戦役我が軍の攻撃七十余日、彼我(ひが)の死傷各(おのおの)万を超える。古来未曾有(みぞう)の惨烈を極める。現在は山の高さ200メートル、往時の激戦にて3メートルひくくなったといわれる。山の頂上には英魂を弔う希典(まれすけ)書の碑がある。この詩の構造は平起こり七言絶句の形であって、上平声十五刪(さん)韻の攀、艱、山の字が使われている。 転句は二六同となっていない。

結句 転句 承句 起句

作者略伝

乃木 希典 1849-1912

 明治時代の陸軍軍人。長州藩(山口県)江戸屋敷に生まれる。文を吉田松陰の叔父玉木文之進、剣を栗栖(くりす)又助に学び、また詩歌にも秀れ石林子、石樵(せきしょう)と号した。歩兵第十四連隊長心得として西南戦争に出征し、連隊旗を西郷軍に奪われる屈辱を嘗(な)めたが、日清戦争では第一旅団長として旅順を占領した。日露戦争では、第三軍司令官に任命された。明治37年大将。明治天皇の大葬当日静子夫人と共に殉死した。年64。