>>日本の漢詩一覧へ | >>関西吟詩文化協会トップへ
漢詩紹介

九月十三夜 上杉謙信
吟者:池田菖黎
2011年1月掲載[吟法改定再録]
を押すと吟詠がお聴きいただけます。
※音声が出ない時はこちらからお聴き下さい。

読み方

 九月十三夜 <上杉 謙信> くがつじゅうさんや  <うえすぎ けんしん>
霜は軍營に満ちて秋氣清し しもはぐんえいにみちて しゅうききよし
數行の過雁月三更 すうこうのかがん つきさんこう
越山併せ得たり能州の景 えつざんあわせえたり のうしゅうのけい
遮莫家郷の遠征を憶うを さもあらばあれ かきょうの えんせいをおもうを

字解
 軍 營  陣営 軍隊の宿営しているところ
 數行過雁  列をなして飛んでいく雁
 三 更  夜の十二時ごろ
 越 山   越後(今の新潟県)・越中(今の富山県)の山々
 能 州   能登(今の石川県能登半島地方)の国
 遮 莫   ままよ どうであろうともかまわない
 家 郷   ふるさと

意解
霜は我が陣営に満ちみちて、秋の気は清く澄みわたり、いかにもすがすがしい。 空を仰ぐと、幾列かの雁が鳴き渡っており、夜半の月は皎々と冴えわたっている。
さて今夜は、越後・越中の山々に、更に能登も併せて、まことに雄大な景色が眺められることだ。
ままよ、故郷の家族どもが遠征の我が身をあんじていようが、それならそれでよい。今夜はこの名月 を心ゆくまで眺めようではないか。

備考
天正五年上杉謙信が七尾城攻略の際、落城を目前にして、折からの九月十三夜 の名月のもと酒宴を催し、得意満面の感慨を読んだもの。一生の間に作った漢詩はこれだけである。 この詩の構造は仄起こり七言絶句の形であって、下平声八庚(こう)韻の清、更、征の字が使われている。





作者略伝
上杉 謙信 1530-1578
  幼名を虎千代(とらちよ)、元服して影虎(かげとら)といい また不識庵(ふしきあん)と号す。三十二歳の時輝虎(てるとら)と改めさらに四十一歳 以後は謙信と称す。彼の有名な川中島に於ける武田信玄(しんげん)との一騎 打ちは史家により種々の説あり。永禄(えいろく)4年9月(1561)年三十一歳の時ともいわれている。 常に朝廷の衰微(すいび)を嘆き時に資を献じてその勢いを張っていたが天正6年四十九歳にて没す。

<<日本の漢詩一覧へ ▲このページの先頭へ

TOPページへ戻る