>>中国の漢詩一覧へ | >>関西吟詩文化協会トップへ
漢詩紹介
春 曉 孟浩然
吟詠
吟者:松野 春秀
2008年8月掲載
を押すと吟詠がお聴きいただけます。
※音声が出ない時はこちらからお聴き下さい。

読み方

 春 曉    <孟浩然> しゅんぎょう <もうこうねん>
春眠 曉を覺えず しゅんみん あかつきをおぼえず
處處 啼鳥を聞く しょしょ ていちょうをきく
夜來 風雨の聲 やらい ふううのこえ
花落つること 知んぬ多少ぞ はなおつること しんぬたしょうぞ

字解
 春 曉  春の明け方をいう
 春 眠   春の夜の(心地よい)眠り
 不曉覺  夜が明けたことに気づかないで
 處 處   あちらこちら
 夜 來  ゆうべから
 多 少   多いということ、ここではどのくらいの意

意解
春の暁は気候も暖かく、心地よい眠りに夜が明けたのも知らず寝すごしてしまったが、ふと眼を さませばあちこちで小鳥の啼く声がきこえる。
そういえば、昨夜は風雨の音がはげしかった。あの嵐で庭の花はさぞたくさん散ったことだろう。

備考
「春眠曉を覺えず」の名句を知らない者はない程に有名な詩で、のどかな春の暁の景をうたい、 陽春が時を移さず過ぎ去るのを惜しむ気持ちを含んでいる。
詩の構造は五言古詩である。仄韻で、上声十七篠(じょう)韻の曉、鳥、少の字が使われている。





作者略伝
孟浩然 689-740
  盛唐の詩人で名は啓(けい)、字は浩然、五言詩にたくみで、自然主義詩人として王維とならび称せられる。 湖北省襄陽の人で土地の豪族。若くして義侠心にとみ、40歳にして都長安に出て王維、張九齢と交わるも、 官につかず、殆んど郷里で山林の閑寂(かんじゃく)にひたって過ごした。52歳で病没す。孟浩然集四巻あり。



<<中国の漢詩一覧へ ▲このページの先頭へ

TOPページへ戻る