>>詩歌一覧へ | >>関西吟詩文化協会トップへ
詩歌紹介

千曲川旅情の歌   島崎藤村
吟者:池田 菖黎、小坂 永舟
2011年9月掲載
を押すと吟詠がお聴きいただけます。
※音声が出ない時はこちらからお聴き下さい。

読み方

千曲川旅情の歌(小諸なる古城のほとり)   <島崎藤村>
ちくまがわりょじょうのうた                 <しまざきとうそん>

小諸なる 古城のほとり
こもろなる こじょうのほとり
雲白く 遊子悲しむ
くもしろく ゆうしかなしむ
緑なす 繁縷は萌えず
みどりなす はこべはもえず
若草も 藉くによしなし
わかくさも しくによしなし
しろがねの 衾の岡辺
しろがねの ふすまのおかべ
日に溶けて 淡雪流る
ひにとけて あわゆきながる
あたたかき 光はあれど
あたたかき ひかりはあれど
野に満つる 香も知らず
のにみつる かを(お)りもしらず
浅くのみ 春は霞みて
あさくのみ はるはかすみて
麦の色 わずかに青し
むぎのいろ わずかにあおし
旅人の 群はいくつか
たびびとの むれはいくつか
畠中の 道を急ぎぬ
はたなかの みちをいそぎぬ
暮れ行けば 浅間も見えず
くれゆけば あさまもみえず
歌哀し 佐久の草笛
うたかなし さくのくさぶえ
千曲川 いざよふ波の
ちくまがわ いざよふ(お)なみの
岸近き 宿にのぼりつ
きしちかき やどにのぼりつ
濁り酒 濁れる飲みて
にごりざけ にごれるのみて
草枕 しばし慰む
くさまくら しばしなぐさむ


語意
千曲川 信濃川の長野県側での名称
古 城 ここでは小諸城のこと
遊 子 旅人 旅行する人 ここでは藤村自身
繁 縷 はこべ(撫子=なでしこ=科) 春の七草では「はこべら」
夜具 掛け布団 ここでは白銀の山並みのたとえ
淡 雪 うっすらと降り積もった雪 春になって降る溶けやすい雪
浅 間 浅間山
いざよふ波 漂う波

詩意
 旅人が小諸にある古城のあたりにたたずみ、白い雲を見上げていると、旅の愁いが一層つのり悲しみが増すのである。
 春まだ浅く、はこべは芽生えておらず、若草も腰を下ろすには十分ではない。
 しかし、白く輝く山々のすそ野では淡雪が溶けて流れている。
 あたたかい春の光はあるけれども、野に満ちる香りはなく、春霞が浅くかかっているだけで、麦の色はわずかに青い。畠の中の道を宿場へと急いでいく 旅人の群れが見える。
 日が暮れ浅間山も見えなくなり、草笛の音が哀しく聞こえる。旅人は千曲川の漂う波の岸に近い宿にあがり、濁り酒を飲んで旅愁をしばらくの間慰めて いる。

出典
「落梅集(らくばいしゅう)」

作者略伝
島崎藤村 1872─1943
 明治5年、長野県馬籠(まごめ)村(現在、中津川市馬籠)に生まれる。名は春樹。藤村は号。明治・大正・昭和前期の詩人・小説 家。
 9歳で学問のため上京、明治学院を卒業後、明治25年明治女学校の英語教師となる。翌年、「女学雑誌」の編集に携わった時期に北村透谷(とうこ く)に魅せられ「文学界」に加わり、同人として浪漫的な叙情詩を発表。東北学院の教師として赴任した仙台で明治30年に第一詩集「若菜(わかな) 集」を刊行。続いて「一葉舟(ひとはぶね)」「夏草」を発表。
 小諸義塾の教師として信州に赴任後、明治34年「落梅集」を発表。
 小諸では詩から散文への転換期であり、明治38年上京し翌年「破戒(はかい)」を発表し、日本の自然主義の代表的作家となり、数々の著作を発表 。長編「夜明け前」は高い評価を受けた。昭和18年「東方(とうほう)の門」を執筆中に71歳で没す。

備考
 明治32年4月、藤村は故郷に近い小諸町にある義塾の教師として赴任してきた。この詩はその2年目の春、藤村29歳の時、小 諸の懐古園(かいこえん)で詠まれたものである。右手に浅間の全貌を眺め、眼下に千曲川の曲折した流れを見下ろす絶景であった。
 この川のほとりでひとり酒を汲み、暮れゆく信州佐久の風物に見入っている旅人(遊子)、それはいうまでもなく藤村である。若い旅人の胸に湧く愁 い悲しむ調べが基となるこの一篇は、わが国の近代詩の歴史に永く残る傑作として広く知られている。
 「落梅集」では「小諸なる古城のほとり」と「千曲川のほとりにて」の独立した二編の詩であったが、いずれも小諸の千曲川のほとりでの詩のため、昭 和2年刊行の「藤村詩抄」で、それぞれ「千曲川旅情の歌」の一、二として一編にまとめられた。現在では前者を「千曲川旅情の歌」として著している文 書もある。


<<詩歌一覧へ ▲このページの先頭へ

TOPページへ戻る